3つの危機

1 原発事故の危機
1931年 満州事変
1937年 日中戦争
1941年 太平洋戦争


2011年 福島原発事故
   ?
   ?


2 戦争の危機
二十世紀前半の日本と似ている中国。
軍国主義時代の日本と似ている北朝鮮


1930年代から1940年代にかけては、日本が戦争を引き起こす主体になっていたが、今世紀は日本が望まなくても戦争に直面する危険性が常にある。


3 戦後民主主義体制の危機
1931年の満州事変後、明治国家体制・大日本帝国憲法体制はずるずると自滅の道を歩んでいった。
2011年の福島原発事故後の日本は、戦後憲法体制・戦後民主主義体制がずるずると自滅の道を歩んでいるようにみえる。


もっとも、大日本国憲法のうち、自分(たち)が改正してもいいと考えている条文を改正した憲法が本来の日本の憲法であるべきと考えている右派・保守派にとっては、これは危機ではなく、むしろ自分たちの望んでいる国家体制・憲法体制が実現できるチャンスととらえているだろう。


現在の日本は、幕末動乱の時代、1931年の満州事変後の十五年戦争期に続く日本近現代史上第3の転換期、混乱・動乱の時代に突入しているといえる。

広告を非表示にする